このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのリンク

有限性の後で : 偶然性の必然性についての試論 / カンタン・メイヤスー著 ; 千葉雅也, 大橋完太郎, 星野太訳
ユウゲンセイ ノ アト デ : グウゼンセイ ノ ヒツゼンセイ ニツイテノ シロン

データ種別 図書
出版者 京都 : 人文書院
出版年 2016.1
本文言語 日本語
大きさ 235p ; 20cm
別書名 原タイトル:Après la finitude : essai sur la nécessité de la contingence
異なりアクセスタイトル:有限性の後で : 偶然性の必然性についての試論
一般注記 原書 (Seuil, 2006, éd. revue 2012) の全訳
訳出にあたっては, レイ・ブラシエによる英訳も参考にした (Quentin Meillassoux, After finitude : an essay on the necessity of contingency, trans. Ray Brassier, Continuum, 2008)
著者標目 Meillassoux, Quentin, 1967-
千葉, 雅也(1978-) <チバ, マサヤ>
大橋, 完太郎(1973-) <オオハシ, カンタロウ>
星野, 太(1983-) <ホシノ, フトシ>

所蔵情報を非表示

本館2F一般書架
111.8 2017018978
9784409030905 2017.2

書誌詳細を非表示

件 名 BSH:実在論
NDLSH:偶然性
分 類 NDC8:111.8
NDC9:111.8
NDC9:135.5
書誌ID 2000396704
ISBN 9784409030905
NCID BB20543247
巻冊次 ISBN:9784409030905 ; PRICE:2200円+税

 類似資料