このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのリンク

二人であることの病い : パラノイアと言語 / ジャック・ラカン [著] ; 宮本忠雄, 関忠盛訳
フタリ デアル コト ノ ヤマイ : パラノイア ト ゲンゴ
(講談社学術文庫 ; [2089])

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2011.12
本文言語 日本語
大きさ 185p ; 15cm
別書名 異なりアクセスタイトル:2人であることの病い : パラノイアと言語
内容注記 症例エメ
《吹き込まれた》手記 : スキゾグラフィー
パラノイア性犯罪の動機 : パパン姉妹の犯罪
様式の問題 : およびパラノイア性体験形式についての精神医学的考想
家族複合の病理
一般注記 シリーズ番号はジャケットによる
原本は1984年朝日出版社刊
奥付の著者名原綴 (誤植) : Jaques Lacan
著者標目 Lacan, Jacques, 1901-1981
宮本, 忠雄(1930-) <ミヤモト, タダオ>
関, 忠盛(1942-) <セキ, タダモリ>

所蔵情報を非表示

教育学部(23643)
493.76 2012042108
9784062920896 2011.12

書誌詳細を非表示

件 名 NDLSH:精神障害
NDLSH:パラノイア
分 類 NDC8:493.76
NDC9:146.1
NDC9:493.76
NDLC:SC377
書誌ID 2000362179
ISBN 9784062920896
NCID BB07639283
巻冊次 ISBN:9784062920896 ; PRICE:720円+税

 類似資料