このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのリンク

「心理学化する社会」の臨床社会学 / 樫村愛子著
シンリガクカ スル シャカイ ノ リンショウ シャカイガク
(愛知大學文學會叢書 ; 8)

データ種別 図書
出版者 横浜 : 世織書房
出版年 2003.3
本文言語 日本語
大きさ xvi, 386p ; 20cm
別書名 標題紙タイトル:Clinical sociology of the psychologized society
異なりアクセスタイトル:心理学化する社会の臨床社会学
内容注記 言語の成立に関わる「否定」の作用と他者について
若者たちのポストモダン的共同性
テレビと若者たちのコミュニケーション
グローバリゼーションとアイデンティティ・クライシス
現代日本の若手監督の映画表現
近代社会/社会学の解体と精神分析
シンディー・シャーマンの症候的擬態
『エヴァンゲリオン』分析
精神保健における臨床社会学をめざして
自己啓発セミナーの困難
自己啓発セミナーと『エヴァンゲリオン』
「社会の心理学化」と臨床社会学
自己決定性の増大がもたらす宗教的外傷について
ラカン派社会学から見た「オウム真理教」
グローバリゼーションとニューエイジ
『源氏物語』における女性性について
新宗教の女性教祖と日本近代国家
一般注記 参考文献: 章末
著者標目 樫村, 愛子(1958-) <カシムラ, アイコ>

所蔵情報を非表示

本館2F一般書架
361 2003032800
4902163004

書誌詳細を非表示

件 名 BSH:社会学
BSH:心理学
BSH:文化
BSH:宗教
分 類 NDC9:361
NDC9:146.1
書誌ID 2000173182
ISBN 4902163004
NCID BA62159962
巻冊次 ISBN:4902163004 ; PRICE:3800円+税

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています